« ネジロック | トップページ | 俺様系のノリ »

2017年9月 5日 (火)

柔らかく、軽いのが、、、

この週末、ガンマで色々と走り回ってみた。
スクエア4では後方排気側のシリンダーのチャンバーがカウルの内側を通っているので、涼しくなってきたとは言え、未だに熱い。

このバイク、この春にタイヤを新調し、フォークオイルを抜き換えるOHを施したのだけど、基本、プリロードは最小で設定して非常に柔らかいセットアップである。ダンパーオイルは硬めだけど、スプリングは非常に柔らかい。

特別なパーツを使っている訳ではないけど、この柔らかい足周り、とてもサスペンションがしなやかに動く。この動きの良さを増しているのが、クラシックパーツとなるけど、ヨシムラのスパウトのホイール。これ、ノーマルに較べると大幅に軽いのがメリット。

バイク自体、非常に軽く、鋭く動かす事が可能だけど、荒れた公道でもサスペンションがしっかり動いているように感じられる。これ、柔らかく、軽いバネ下というのが効いている。

今時のカスタムといえば、超高剛性とも言えるスポーツモデルの倒立フォークを組み込むカスタムや、レートの高いサードパーティの高負荷向けダンパーを組み込む人も少なく無いけど、街乗りの三桁以下の速度域で日常的に楽しむのであれば、剛性は程々に、荒れたギャップでもしっかり動くセットアップの方が個人的には乗り易い。

低い速度域で軽さを利して動かす時、大事なのは、しっかり路面に付いてくれる足周り。それに必要なのは、軽さと柔らかさである。もっと高負荷、高速度域というならば、足周りを固める必要があるかもしれないが、公道、近場の峠限定なら、ガチガチに固めるセットアップよりも、しっかり動かす方が好みだ。

ただ、こういう考え方の人は少数派っぽい。昔の峠仲間の内では、割と同意してくれる人も居るけど、最近は、そういうのは少ない。

|

« ネジロック | トップページ | 俺様系のノリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/65750575

この記事へのトラックバック一覧です: 柔らかく、軽いのが、、、:

« ネジロック | トップページ | 俺様系のノリ »