« 他車種用は? | トップページ | 走行速度と照射距離 »

2017年9月21日 (木)

ツアラーライディング

SV、ガンマで峠を走る時と、CX、BTで峠を走る時、ペースを上げて走ると身体の使い方に差異が生まれる。
SV、ガンマの場合、ポジションがコンパクトであり、身体を過度に動かす必要性は殆ど無い。大きく動かす必要性に迫られるような深いバンク角+ハイスピードのコーナリングは、日常において実践する機会が無いのと、其処までしなくても、楽しめる速度域で遊べるので不要と言える。
ところが、CX、BTでは違う。基本、ポジションはゆったりポジションで、四肢の関節は開き気味である。それ故に、車体を抑える場合に不適な四肢の角度となっている。つまり、普通に走る分には問題無いけど、ペースを上げていくと、車体を抑えるには不適な上体となっているのだ。
でも、そんなCX、BTでもしっかり車体をホールドして走るように意識して身体を使えば大丈夫。四肢の長さが不足している分、シッティングポジションを数センチシフトさせるだけで、車体に対しての身体の相対的な重心位置を移動させた状態で保持出来るのである。

昔のライディング云々では、単車を安定させるには、外足荷重、、、、って話は良く聞いたけど、最近の考えとしては、外足荷重の重要性よりも、車体から見た相対的な乗り手の重心位置の保持こそ重要で、位置を支えるには、外から引っ張る事と内から支える事が大事という認識。特に、バンクする内側に身体を入れる場合、身体を支えるには内足の角度が結構大事という意識であり、その内足の角度を保つには、股関節と足首の距離がとても重要という認識である。その位置関係を保つ上では、腰を動かす行為っていうのは非常に大事なのだ。

ツアラーで大きなポジションのバイクを積極的に扱うには、身体の相対重心を支えるために、シッティングポジションを積極的に動かすのである。見た目、コンパクトなスポーツバイクよりも扱いがアグレッシブに見えるけど、そうすれば、大きなポジションのツアラーでも納得のペースで走る事が出来るのだ。

|

« 他車種用は? | トップページ | 走行速度と照射距離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツアラーライディング:

« 他車種用は? | トップページ | 走行速度と照射距離 »