« 2ストローク | トップページ | 俺様系のノリ »

2017年9月 5日 (火)

自転車のスタンド

スポーツサイクルの場合、スタンドの装着は基本的に無し。
しかし、実用自転車の場合はスタンドは標準的に装備されている場合が多い。
実用車の場合、後ろハブ軸に装着するフルスタンドが多い。実用車でもファッション性の高いモノはキックスタンドが多い。更に、ファッション性の高いモノとなると、センタースタンドが多い。

そんなスタンドだけど、一番頑丈なのは、スチール製のフルスタンド。車体の安定性からいってもフルスタンドが一番だけど、安定性でいえばハンガー直後の空間を利用して固定するセンタースタンドもまずまず。
重量から言えば、構造的にシンプルなアルミ製キックスタンドだろう。
ただ、最近多く普及しているアルミ製キックスタンドは、取り付けの自由度を確保するために取り付け部の調整機構が多くあるので、結構、脆く変形しやすいのが欠点。明らかに剛性不足なのである。

因みに、メンテナンス性を言えば、ベストはフルスタンドだけど、キックスタンドもメンテナンス性は優れる。停車状態でクランク回しが可能なので、メカの調整等も楽々である。センタースタンドでは、クランク回しは出来ない。スタンドアームとクランクが干渉するからだ。

トータルで考えると、車種専用設計でアジャスト機構の無いキックスタンドがベストかもしれない。スチール製、アルミ製、どちらでも問題無いけど、スポーツ車ならアルミ製専用キックスタンドが良いかも知れない。それ以外ならスチール製キックスタンドが頑丈で良さそう。

因みに、キックスタンドを選ぶ時、ハブ軸のネジで固定するタイプはクイックリリースに対応出来ないのでNG。スタンドの取り付け剛性的にも、チェーンステー、シートステーを跨いでクランプするタイプのキックスタンドがベスト。

|

« 2ストローク | トップページ | 俺様系のノリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車のスタンド:

« 2ストローク | トップページ | 俺様系のノリ »