« 4分 | トップページ | 2ストローク »

2017年9月 4日 (月)

緩み

二輪車のネジ、知らぬ間に結構緩んでいる。四輪の場合は緩みは少ないけど、二輪車、特に自転車のネジの緩みは頻繁に遭遇する。
やはり、振動の影響によるものだろう。
自転車のネジの緩みが一番顕著なのは、タイヤが高圧のロード、ピストではなく、タイヤが小径の折り畳み自転車だ。街乗りDAHON、オ・モイヨWW(レ・マイヨW改)の緩みが顕著だ。
DAHONの場合は、折り畳み部のアジャスターのロック部分、フェンダーステー部分での緩みが顕著だけど、他にはフロントホイールのスポークテンションの低下、つまりニップルの緩みも結構ある。オ・モイヨWWでは、興味深い事にヘッドのロックナットの緩みが一番顕著だ。
ピストでの緩みといえば、スポークテンション程度だけど、緩みの進み具合は走行距離からみれば、緩みすぎで困るというレベルではない。

自転車の違いというと、振動の違い。振動は何処から来るか?といえば、構造的な問題もあるだろうけど、走行するエリアの路面コンディションも大きく作用しているかもしれない。

街乗りDAHONは市街地走行中心で車道路肩近辺は凸凹である。そこに振動をダイレクトに食らう小径車が走るので影響が大きく出ているようだ。

因みに、振動の影響は乗り手を疲労させるので、これによる疲れによる駆動効率の低下と、快適性アップに伴う走行抵抗が増える事による駆動効率の低下を較べてみれば、もしかしたら、快適な方が結果的に効率的か?と考えたりする。

振動を抑え、尚かつ、駆動効率の低下を招かない方法があればベスト。

|

« 4分 | トップページ | 2ストローク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緩み:

« 4分 | トップページ | 2ストローク »