« EC-SA8、二号機 | トップページ | クランクフォワードと前乗り »

2017年9月26日 (火)

素人の定義

サイクリストのブログを拝見していて思う事。
好戦的なローディさんのブログには、自分以外のサイクリストに対して、シロウトさんを成敗とか、素人に道を譲るなんて、、、という表現を見付ける事があるけど、書き手さんっていうのは、素人に非ずで、玄人という事なんだろうか?

素人(シロウト)の対極に位置する言葉っていうのは何か?って考えると、玄人(クロウト)という事だろうか?ただ、玄人って表現は、職人的な世界の中での話のような気がする。乗り物の場合、素人(シロウト)の対極というのは、プロという言葉のように思う。

となると、プロのサイクリストってなるけど、それは職業サイクリストであり、競技に出ているというレベルは、言ってみればホビーレーサーであり、プロから見れば、アマチュアの一括りに入り、言葉を換えれば全部シロウトって気もする。

この辺の、シロウト呼ばわりには、少し違和感を感じる。カッコイイ自転車にカッコイイ装備を身に付ければシロウトではないというものでもない。
正直、その辺を走っている人って言うのは、全部まとめてシロウトって気がする。

もっと言えば、アカの他人に対して一方的な好戦意識を持つ人の方が、シロウトって気がする。

自転車でシロウトか否かっていうと、そう思う人の思いとしてはパフォーマンスなんだろうけど、自転車のパフォーマンスっていうのは、バイクと違い身体能力の影響度が非常に高い。身体能力といえば、自転車をどれだけ乗ってきたか?も大事だけど、それ以上に、身体をどれだけ鍛えてきたか?というのが重要。今のような自転車ブーム以前の自転車っていうと、体力能力的には、どちらかというと劣り気味な人のチョイスするスポーツである。それ故に、競技者の世界で花開く人というのは、他の競技でのトップアスリートというパターンが多い。それに当て嵌めると、シロウト、アマチュアの中での速い、遅いっていうのは、自転車の走行キロ数よりも、身体能力次第ということだろう。筋力、持久力を鍛えている人が圧倒的ということになる。

まぁ、どうでも良いけど、、、、。

自分の場合は、普通のシロウトオジサンに徹しているから、装備は基本は普段着である。普通の短パン、普通のTシャツ、、、、フル装備な人から見ると、完全にシロウトなスタイルだけど、シロウトオジサンに徹しているので、この形は外せない。

|

« EC-SA8、二号機 | トップページ | クランクフォワードと前乗り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素人の定義:

« EC-SA8、二号機 | トップページ | クランクフォワードと前乗り »