« 他車種用は? | トップページ | 走行速度と照射距離 »

2017年9月21日 (木)

テトリス+ローラー台

先日の記事ではないけど、テトリスしながらローラー台していると、姿勢によって疲労度が全く違う事が良く判る。
前傾姿勢というよりも、骨盤の角度が発生する出力と疲労度の関係に大きく影響しているようだ。
上体を起こしてアップライトな姿勢で、ペダリングを行うと、一見楽そうに見えるけど、疲労度の割りに発生する出力が大きくないようだ。

逆に、サドルポジションとクランクポジションの位置関係に対して、最も収まりの良い骨盤角度を与えると、同じ疲労度でも大きな出力、高い回転数を実現出来るのだ。

この違い、骨盤を支点として、体幹から上体、上腕の筋肉の利用度合の違いによるもののようである。
今更ながら、自転車、とりわけスポーツサイクルの前傾ポジションの意味を再認識出来るモノである。この姿勢でのペダリングでは、上体の捻り、上腕筋、胸筋もペダリングに連動して伸縮が駆動力に寄与しているのが自覚出来る。注意力を体幹に集中すれば、所謂ハムストリングスがしっかり動いているのも自覚出来る。

スポーツサイクルにおいては、胴長、四肢の長さのバランスと、リーチ、シート角を如何に一致させるか?が重要であることが判る。

で、話が変な方向に行くけど、テトリスする際には、Wiiリモコンをハンドルに添えて持って行うとパワーも掛けてペダリングも出来るし、テトリスも快調に出来る、、、、

っていうのは冗談で、この考えに従って、昼ポタのDAHONのポジションも大幅に見直している。結果、同じ距離を走るのに、所要時間で数分以上短縮されている。そして、走行速度も大幅に向上しているのだ。アップライトな楽々ポジションでは25km/hマックスだったけど、所謂、スポーツサイクルポジションでは、40km/hマックスでの走行である。DAHONで太いタイヤの15kg級の自転車でも、DHバー装備のピストバイクと短距離であれば、走行速度は同じになるのである。

あらためて思うのは、スポーツサイクルっていうのは、機材云々よりも、体型に合わせたフィッティングが特に重要。そして、フィッティングされた機材を使って、如何に全身の筋肉を使うか?が重要ということ。

このような重要性っていうのは、ポジションの微調整でなく、大幅な変更で使う筋肉の部位を認識するって言うのが、気付きやすいもの。

ポジションの可変性の高い機材を使って実験すれば色んな事に気付きやすいのでお奨めだ。

|

« 他車種用は? | トップページ | 走行速度と照射距離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テトリス+ローラー台:

« 他車種用は? | トップページ | 走行速度と照射距離 »