« 大型免許練習用バイク | トップページ | 折り畳み自転車の注意 »

2017年9月14日 (木)

CX-8発表

ストレッチドCX-5と言われていたCX-8が発表された。
でも、発表によると、CX-8はベースはCX-9なんだそうだ。全幅をCX-5と同じに揃えた結果、ボンネット、グリル、Fフェンダー、Fドアという外板をCX-5から流用しているのだという。ホイールベース、全長、全高が変わっているので、その関連部分が新作パーツとなっている。
なお、エンジンはCX-5迄のモデルとは異なり、かなりアップグレードされているそうだ。ツインターボの大きいタービンを可変ジオメトリーターボチャージャーにして、超高応答マルチホールピエゾインジェクター、段付きエッグシェイプピストン、急速多段燃焼等で出力は175PSから190PSに、トルクは420Nmから450Nmと大幅にアップされているそうだ。なお、将来的にガソリンエンジン車が投入される可能性もあるそうだが、その場合は、恐らく2.5Lの直噴ターボエンジンとなりそうだ。
このニュータイプのディーゼルエンジンは間もなく登場が予想されているアテンザ等にも採用されるのではないだろうか?

他には、360°ビュー・モニターをオプション装着可能としているのは、既存マツダ車の最新版の流れを引き継いでいるけど、注目はヒッチメンバーをオプション装着可能となっている点。今迄はカスタマイズ業者によってヒッチメンバーを追加する必要があったけど、オプションでトレーラーヒッチが簡単に付けられるのは注目である。これによって、キャンピングトレーラーの牽引が可能となるけど、更に、牽引時の走行安定性を高める『トレーラー・スタビリティ・アシスト』なるブレーキ制御が標準装備されているという。

多人数乗車だけでなく、ライフスタイルの提案迄想像できる装備に対応しているのは要注目だ。

価格は思ったより安く319万円~419万円とのこと。

ボディサイズは、幅はCX-5、全長は?といってもアルファードクラス、大きいボディだけど、このクラスを狙う人は、このサイズはネガには捉えないだろう。内装のクオリティも高く、悪くない。欧州ディーゼルの不祥事で、2040年に内燃機関廃止どうこうで、ディーゼル否定派の人が多いけど、今が2017年、今買うディーゼルが寿命を迎えるより先の話故に、ディーゼル否定は当て嵌まらない。トータルで見ると、値段も安く悪く無さそう。

個人的には、トレーラーヒッチが接続できるというのは、トレーラーハウスを使ってキャンプに行くのが身近になるという意味で、結構楽しそう。そんなベース車が300万円台で購入出来るのは、これから定年を迎える50代後半世代からみても魅力的なモデルだ。

ところで、発表が9/14だけど発売は12/14で、三ヶ月も後の話。予約受注開始とのことだけど、受注動向は今後の注目である。

全く、根拠の無い想像だけど、販売目標は1200台との事だけど、そういうシニア需要、子育て世代需要を考えると2500台ペースで受注が進むような気がする。

|

« 大型免許練習用バイク | トップページ | 折り畳み自転車の注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/65789419

この記事へのトラックバック一覧です: CX-8発表:

« 大型免許練習用バイク | トップページ | 折り畳み自転車の注意 »