« 次の政権は? | トップページ | リベラル新党は? »

2017年9月28日 (木)

5ナンバーMT車

今後、2年以内に買い換えるのは間違い無い。
候補車両は何?
現行モデルでピックアップしていくと、、、筆頭にあげられるのがマツダ・デミオ15MBというグレード。必要最低限の装備に1.5Lの元気なエンジンを搭載。次期愛車の候補筆頭車両。これに、実用オプションを加えて、社外のカーナビでも付ければ完璧。
中は広くはないけど必要十分。トランクスペースも広くは無いけど、許容範囲内。
不要な装備が無い分、安価なのは嬉しい。これが最有力候補。

対抗では、現プロボックスのユーティリティを犠牲にしないということで、FMCする前の現行のトヨタ・カローラフィールダー1.5のMT車。1.5Xが162万円、1.5Gが180万円、1.5Gエアロツアラー車が187万円とのこと。
ユーティリティは優れるけど、正直、プロボックスと比較すると失うモノが多すぎるような気がして、今一、これだ!という気にならないのが寂しいところ。

ユーティリティと性能を両立したところでは、ホンダ・フィットRSも候補の一台。ただ、価格の絶対値としてではなく、機能に対しての感覚から言えば205万円は高すぎる印象が強い。これなら、先代フィットのハイブリッドRSのMT車の方がそそられる。ただ、既に4年落ちの中古となるので、この手のハイブリッドカーを中古で買うというのは多分無い。

価格、性能、拘りといった部分で考えると、最有力はデミオ15MB、対抗がFMC直前でのフィールダーの1.5のMT車ということになりそう。

どっちにしろ、安くないのは確か。完全にスクラップになるまでプロボックスを乗り潰すというのも基本的にはアリな選択。ただ、次期愛車を先延ばしにする程、シンプルな5ナンバーのMT車という選択の幅が難しくなりつつあるのも事実。次の車検迄の1年半迄の内に買い換える場合と、更に2年以上先延ばしにする場合では選択肢が変わってきそう。3年半先となると、これだ!というのが全く思い付かない。

どうしようかなぁ、、、、

|

« 次の政権は? | トップページ | リベラル新党は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5ナンバーMT車:

« 次の政権は? | トップページ | リベラル新党は? »