« リベラル新党は? | トップページ | ネットオークション »

2017年9月29日 (金)

改めてDR.9

ピント不良と電源不良で諦め掛けていた三ツ葉商事さんのEMDV DR.9というドラレコ。今の視点でみれば30万画素のロースペックなドラレコだけど、この度修理して再活用することとなった。
このDR.9が調子が悪くなったので、メイン運用していたのが、CANSONICのCDV-280というHD録画可能なモデルで、公開されている夜間映像から暗い場所でもそこそこ映るモデルということで選んだモデルだ。
で、この修理したDR.9とCDV-280を比較してみると、、、、、暗所での映像は、DR.9の方が遙かに状況確認が可能な映像が撮れる事が判明。
画像の精細度自体は、画素数の多いCDV-280が上回るけど、暗い部分での物体の動きという面に関してみればDR.9の方が圧倒的に上回る感じである。

ということで、一寸装着状態が鬱陶しいけど、DR.9も活用する事にした。まぁ、日中の明るい環境の元では解像度に勝るCDV-280の方がナンバーの読み取りの面から考えれば高性能かもしれないけど、暗所に限ればDR.9は捨てがたい。

因みに、DR.9はCCDセンサーを用い、最小照度が0.01Luxというのが売りのモデル。既に廃盤で後継のDR-920は0.1Lux以上だからワンランク上の性能。
DR.9は2013年で販売終了となったそうだけど、もう暫く使う予定だ。

後方視界用なら暗所に強いドラレコの必要性は薄いけど、通常使用だと暗所に強いというのは、選ぶ理由に十分為りうる話。

|

« リベラル新党は? | トップページ | ネットオークション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改めてDR.9:

« リベラル新党は? | トップページ | ネットオークション »