« Z900RS公開 | トップページ | なかなかのトレーニングメニューかも »

2017年10月26日 (木)

メタルフレーム比較

先日、メガチューブスローピングピストとクロモリホリゾンタルロードの違いをガタガタのコンクリート舗装路で乗り心地の違いを自覚した話を記事にした。
綺麗な路面、アスファルトの路面では感じる事の出来ない差でも、コンクリート舗装路の下りでは結構違いが判るもの。

ということで、他の自転車を引っ張り出して乗ってみて乗り心地の違いをチェックしてみた。

用いたのは、クロモリホリゾンタルのメッキのロード、ステンレスホリゾンタルのロード、クロモリホリゾンタルのピスト、クロモリスローピングのピスト、クロモリホリゾンタルのスポルティーフ二台だ。

厳密にはホイールの違いも影響するだろうけど、取り敢えず、空気圧は全車共通に設定。

で、ギャップを拾って衝撃をダイレクトに感じるのは、順に、
CM1000>ユーラシア>>シルクR1>>メッキロード>>ステンレスロード≒東叡スポルティーフ
の順番。CM1000はメガチューブ+スローピングという高剛性構造故の結果だろう。カーボンフォークを使っているけど、しなやか感は皆無。ユーラシアはクロモリだけどパイプ肉厚がそこそこあるタイプでパイプ自体のしなやかさは少ないのかも。この二車に較べると、シルクR1は相当にしなやかに感じる。しかし、それ以上にしなやかなのはメッキロードである。同じ様なサイズながら、ここまで違う乗り心地は、パイプの肉厚差が大きいのかもしれない。メッキロードフレームは石渡019でパイプ自体は相当に薄い。
そのメッキロードフレーム以上に乗り心地が良いのはステンレス?チタン?のロードだ。材料が違うけど、材料物性の違いを大きく影響しているように思える。

そして、予想外なのが東叡スポルティーフだ。パイプ自体は石渡022で前述の019より肉厚のパイプ。しかし、しなやかさはメッキロードフレームを明らかに大きく上回る。ステンレス?チタン?フレーム並の乗り心地の良さだ。灯火のちらつきも無し。この違い、恐らくだけど、フォークの違いだろう。メッキロードは安物のVIVAのフロントフォークを使っているけど、東叡のスポルティーフのフォークブレードは大きく湾曲したフォーク。このフォークのベンディングによる効果が聞いているのだろう。

乗り心地は、フレーム本体差+フォークの差が影響するようだ。

そういえば、小林ロードの531SLのフレームが転がっている。サイズが合わないので休眠しているけど、このフォークをメッキして使えば、更に良いかも知れない。

激しい振動を伴う荒れた下り路面、、、フレーム特性のチェックには、こういうところが有効。そして、そこそこの重量があるほうが、乗り心地自体は良いような気もする。それは、スポルティーフ系の装備の多い自転車の方が快適に感じた事が理由だ。

|

« Z900RS公開 | トップページ | なかなかのトレーニングメニューかも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メタルフレーム比較:

« Z900RS公開 | トップページ | なかなかのトレーニングメニューかも »