« この度の新党、どっちを残すべきか? | トップページ | 自転車と雨具 »

2017年10月 5日 (木)

やっぱり四発は、、、安っぽい。

ナイトヒルクライム生活、続いている。
団地の急勾配10%以上の勾配路を登坂しているけど、その目抜き通りで車に抜かれる。

で、思ったこと一つ。

それは、、、、クラウンのエンジン音、まるでカローラみたい、、、非常に安っぽい。

クラウンといっても最新のハイブリッドモデル。2.5Lの四気筒エンジンのタイプだ。

モーター+2.5Lガソリンでは、クラウンを10%以上の勾配を引っ張り上げるには非力なんだろう。そんな苦しげな音は、平坦路では聞こえないけど、こういう登坂路で露呈される。頑張って回転を上げて車重に抗っている印象だ。

自転車で登っている時に抜いていく車のエンジン音が結構聞こえるけど、大衆車チック、、、、

他に、BMWのM235iにも抜かれるけど、心地よい6発の音、、、これは全然違う。更に、大昔のマークⅡのツアラーVにも抜かれるけど、これも繊細な連続音で心地よい。

やっぱり、、、高級車は6気筒以上でないとダメな気がする。4発で非力でエンジンが唸る、、、、情けない。

四発を採用するにしても、回転を上げなくとも、苦しげな音を発生させずにトルクフルに登坂出来ないとダメだ。昔のスタリオン2.6とか、ポルシェ968の4発3リッターとか、そんな感じなら逆に力強さを感じたかも知れないが、まぁ、それでも大排気量四発といえば、スムーズさよりもパンチ力であり高級車向けとは思わないが、少なくとも苦しげな音を発するよりはマシ、、、

新型クラウンも登場間近だけど、四発のクラウンなんて、、、、やっぱり、見たくない。

昔、R33スカイラインの標準車の2.0GTを運転させて貰ったことがあるけど、非力でも6発のエンジンのシルキーサウンドは最高だった。

今時のダウンサイジングで、ミドルクラス以上も四発、、、、それは違う。それが許されるのは、FFセダンまでだ。それ以上はやっぱり六発であって欲しい。

嘘かホントか知らないけれど、マツダFRが六発で、、、という噂、期待せずには居られない。

|

« この度の新党、どっちを残すべきか? | トップページ | 自転車と雨具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり四発は、、、安っぽい。:

« この度の新党、どっちを残すべきか? | トップページ | 自転車と雨具 »