« ハンドバイク | トップページ | パイプキャリア、その後 »

2017年10月31日 (火)

サドルバッグ

サドルバッグ、大きい方が使い易い、、、、そう思って、愛用していたのがサーファスのサドルバッグ。ただ、中にタイヤ、チューブを入れて使っていると、生地の縫い目が解けてきて今一、、、、

大きさは程々に頑丈な方が使い易いかもしれない。収納するのは、チューブとタイヤレバー程度に限定して極力コンパクトな方が、もしかしたら良いかも知れない。

とういことで、ロードバイク(メッキロード、ステンレスロード)に使っていたサーファスのサドルバッグを改めて、BBBのコンパクトタイプのサドルバッグに交換した。
容量は1/3程度になったけど、チューブとタイヤレバーは収納可能である。小さいから生地に掛かる負担も少ないので破れるリスクも減る。

収納性を重視するのは、ツアー車限定で、ロードバイクの場合は必要最小限の大きさに留める方が賢いのかもしれない。

なお、ツアー車(スポルティーフ)でも、チョイ前は今時のサドルバッグを利用していたけど、今は横型の革製手縫いの製品を愛用している。やはり、革サドルにマッチするサドルバッグは、革のサドルバッグ。スポルティーフのような車両の場合、嗜好も揃える方がカッコイイ。ライトにLEDを用いても電球のみ交換である。バッグも今時のナイロン地はNGである。布なら帆布に限るのだ。

今時のロードの装備品は機能重視で選んでもOKだけど、趣味車の場合は、デザイン重視で選ぶ事が多い。

|

« ハンドバイク | トップページ | パイプキャリア、その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サドルバッグ:

« ハンドバイク | トップページ | パイプキャリア、その後 »