« 不正体質 | トップページ | 不思議なスローガン »

2017年10月20日 (金)

ニューカブが可能なら、、、、

新型のスーパーカブが中国生産から日本生産に移管されて11月に登場だという。
見ると、空冷OHCエンジンとのこと、、、、

これ見ると、、、

モンキー、出来るのと違う?

モンキーのシャーシに、同じエンジン積んだら良いような、、、、、

|

« 不正体質 | トップページ | 不思議なスローガン »

コメント

今回のカブ、もしかして水冷エンジン?と思ったくらいですが、
空冷エンジンでホットしたくらいです。
それ故に、さすがに、キャブだと難しいかも知れません。

投稿: 壱源 | 2017年10月20日 (金) 16時00分

追記。
インジェクションのモンキーというのがピンとこないなあ。
利便性のカブはそれでいいけど、モンキーはやっぱりキャブのような気が。
まあそこはユーザーの要望しだいでしょうが。
以上。

投稿: バイクが生きがい | 2017年10月20日 (金) 15時56分

コメント有り難う御座います。
50ccが日本固有の排気量で、、、国内生産が良いという話も出てました。
もしかしたら、ミドルクラスでも、そういう流れが生まれるかも知れませんね。
400ccネイキッドというのも、兄弟車を含めて日本固有のカテゴリーとなりつつあります。
この度の新型CB400SFは41kWとのことで、55PSというと、かなり強力ですね!
日本人の求めるクオリティで作ろうと思えば、250ccも国内産で登場するかもしれません。

投稿: 壱源 | 2017年10月20日 (金) 15時56分

その話を知った時は耳を疑った。
新型のカブが中国産になった理由はコストで、国内生産だと
100万円クラスになるからと、店員が言っていた。ばかな。本当に腹が立った。でもこれでやっとカブが購入できる。
でもそれなら、インドネシア産のCBRやR25なども完全国内生産にしろと言いたい。
でもそれでは海外競争に勝てないのか。
でもやっぱり海外生産の250だけは乗りたくない。

投稿: バイクが生きがい | 2017年10月20日 (金) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューカブが可能なら、、、、:

« 不正体質 | トップページ | 不思議なスローガン »