« マツダスポーツコンセプト | トップページ | ガンマのフロント周り »

2017年10月 1日 (日)

ガンマのブレーキ

さて、ガンマのブレーキを少し強化したい。
今は、純正の500ガンマ用のフローティングディスクローターをノーマルフォークアウターと併せ、キャリパーは重量の大きなモデルであるGSX750F用のキャリパーを組み合わせている。
昔は、GSX-R400系の足周りで17インチ化+TOKICOの90mmピッチキャリパーを付けていた事もあるけど、この時代のバイクには16インチがお似合いという考えで、足周りを元に戻している。ただ、ホイール自体は超軽量のヨシムラスパウトのワイドリム16インチを入れている状態。

ただ、ブレーキ周りは基本はノーマルで、メッシュホース+別体マスターシリンダー+GSX750F用キャリパーという構成。

別に悪くないのだけど、このキャリパーは、当時のスズキ系キャリパーと似ているけど微妙に違ってパッドの互換性が無いのだ。つまり、パッドの選択肢が非常に限られるのが問題。
ただ、この組み合わせに、当時のGSX-R750/1100用のピストン径の大きなキャリパーを入れると、ローター位置に対してキャリパーが6mm程外側にシフトされるので、パッドがローターに上手く当たらないのが問題。

そこで、この問題を何とか解決したいと思案中、、、、あまりにも改造した感を出したくないので、極力ノーマルルックで仕上げたい。但し、キャリパーサポートは使いたくない、、、、といことで、色んな組み合わせ方を検討中だ。

世間的には評判の宜しくない、当時のキャリパー、、、個人的には結構好きなのだ。何よりも消耗品の入手性が優れるのが良い。

因みに、フロントフォークは換えたくないのだ。ノーマルアウターチューブは、フォークオイルドレンが付いているのでオイルの抜き換えが凄く楽なので、これは使いたい。インナーチューブも硬質クロムメッキで仕上げているし、これは使い続けたいところ。

さて、どんな仕様にするか?迷うところ。

|

« マツダスポーツコンセプト | トップページ | ガンマのフロント周り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンマのブレーキ:

« マツダスポーツコンセプト | トップページ | ガンマのフロント周り »