« タイヤ交換 | トップページ | 内部告発 »

2017年10月11日 (水)

タイヤ注文完了!

この度、CXのタイヤを注文した。昨年ダンロップのK527をチョイスしたけど、これがブロックの欠損、摩耗が思った以上に速く進行。距離で1500kmも走っていない。
実際に峠で走ると、それ程バンクさせていないのに、リアが簡単にスライドする。
実用タイヤ故にコンパウンドはそれ程柔らかくないのだろうけど、トレッド面を見ると溶けて千切れたようになっている。
乗り方の問題かもしれないけど、トラクションに耐えていない、、、やはり、交換だ。

サイズは120/90-17だからブランドの選択は限りなく絞られる。選べるのは、ダンロップではK527、IRCならRS310、BSならBT45Vだ。

K527は今一。RS310も恐らくK527並だろう。ということで、BT45Vをチョイス。このタイヤの前身はBT11/12シリーズだろう。SACT構造でセンター部とサイド部のコンパウンドが異なるのが特徴のシリーズだ。XZ400D時代はBT-11/12を定番で使っていたので、多分大丈夫だろう。

因みに、SVのGPR100/200/300系、ガンマのTT500/700/900GP等は最低でも3年は使えたけど、この度のK527は物凄く寿命が短い気がする。
まぁ、仕方ない。

ところで、ロードとピストの後輪も交換である。タイヤはパナレーサーのクローザーってタイヤ。こちらの寿命は2ヶ月弱で、走行距離で1000kmが寿命。接地面のゴムが薄くなって、カーカスとコンパウンド層が剥離してタイヤを取り外すとコンパウンド層がブリスター剥離している。因みに、タイヤとチューブがパウダーを入れて組んでいても強固に熱で密着している。

単車も自転車もタイヤの受けるダメージは尋常でない。どっちも相当な熱を受けている印象。乗り方が拙いのだろうか?

でも、タイヤトラブルでパンクしたら何れにせよ非常に面倒臭い。自転車の場合は、現地で修理可能だけど、単車では超面倒臭い。嫌な予感を感じたら、即交換。

自転車のタイヤはニシダサイクルさんで調達する。交換自体は自分で行う。しかし、単車のタイヤは、タイヤ交換では行きつけとなっているショップに御願いしている。勿論、作業品質は完璧。安心して任せる事が出来る。

|

« タイヤ交換 | トップページ | 内部告発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ注文完了!:

« タイヤ交換 | トップページ | 内部告発 »