« 長い | トップページ | ナンバー灯 »

2017年12月19日 (火)

車歩分離交差点

全ての交差点をこれにすれば良いのに、、、、そう思う。
自動車の縦方向、横方向、自転車+歩行者のスクランブル横断、、、、交差点の通行形態をこれにすれば一番良いような気がする。

自転車は車両であっても交差点は自転車、歩行者用信号機にのみ従う、、、、こういう取り決めで固定するのが一番のような気がする。

自転車が歩行者になったり車両になったりするのは、交差点の右折時の面倒くささが一つの原因だし、小学生のダンプに巻き込まれる死亡事故も既存の交差点構造が諸悪の根元。

どの立場でも信号は2回待ちで平等。自転車、歩行者も二回待つのが面倒臭くても斜め横断できるのでイライラ度合も積もらない。速度の速い自動車と、自転車、歩行者を分離することで巻き込み事故も無くなる。これが一番だと思う。

因みに、自転車は車両でも守るべき信号は、歩道の内側の横に自転車横断帯がある時は、歩行者用信号機に従うのがルール。横断帯が無い場合に限り通常の信号に従うのがルールだそうだけど、そんな細かい意識で覚えている人は居ない。それが、トラブルの原因だったりするけど、上述のようなルールで例外無しで統一すれば変なトラブル、事故も無くなるのでは?と考えたりする。

|

« 長い | トップページ | ナンバー灯 »

コメント

そうですね!自転車は降りて横断っていうのがベストですね

車歩分離交差点で、自転車横断帯が交差点内側に設置してあって、歩行者が斜め横断可というのは、構造的に矛盾しているようにも思います。

となれば、車歩分離交差点では、自転車は自動車信号に従う方向になるような感じですね。

投稿: 壱源 | 2017年12月20日 (水) 12時55分

 自転車を降りての横断であれば、意見に賛成です。
 近くの駅近くに歩者分離交差点がありますが、交差点中央で、乗ったままの自転車が結構な速度で交差するため、朝夕は、歩行者が斜めに横断する際危険を感じ、結果、二段階で右左折している状況になっています。
 本来、自転車横断帯は、交差点ではない横断歩道において、歩行者と自転車が混じって横断することの危険(横断歩道と歩道の堺で両者右左折が生じ交錯する)を避けるためのものだったはず。
 横断歩道を通行する自転車は乗車禁止というルールが一番簡単なように思います。
 歩道上での自転車の最高速度は4~5km/h(徐行義務)ですので、ともすれば歩行者に追い抜かれる速度であるわけで、降りて押しても、所要時間は変わりません。

投稿: ひでさん | 2017年12月19日 (火) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車歩分離交差点:

« 長い | トップページ | ナンバー灯 »