« 無灯火逆走 | トップページ | 体組成計 »

2018年1月10日 (水)

旧車

二輪でも、四輪でも個人的には旧車が好き。
ただ、旧車でも実用したいのが全体なので、過度にクラシックなのは腰が引ける。
常識的に考えると、昭和50年代以降、1975年式以降が理想。それ以前となると、、、さすがに古すぎる。機械として信用出来ないというのが感想。

単車に関して言えば、経験上、1963年式のホンダC200は、正直、手に負えなかったと言える。昭和38年式で、自分よりも年上、、、、さすがに古い。
過去に乗ってきた単車を振り返えり、実用上問題を感じなかった一番古いのが1977年式、昭和52年式のベンリーCB125Tだ。今所有しているCXは1982年式となると実用上の不安点は殆ど無いといって良い。

さて、今の四輪はプロボックスだけど、少し気持ちが離れ気味。次の愛車を検討中だけど、買うなら5ナンバーのMT車が希望。更に欲を言えばFR系が理想。エンジン横置きなら四駆が理想なのだ。サイズから言えば3ナンバーとなると、短くても今一。
現行モデルの新車なら筆頭がデミオ15MB、妥協でカローラ・フィールダー辺り。新しめの中古車ならラッシュ、ビーゴのMT車、更に遡ると、過去に載っていたかも知れないけどエスクードのノマド。これなら平成9年式辺りのモデルが良い。

で、最近になって思うのが旧車。閃いたのが昭和50年代のモデルだ。ただ、異様なプレミアが付いているのが多いので、そういうのを避けたモデルが良い。有名どころは全てNGだろう。トヨタ、日産は概ね有名ブランドは厳しいだろう。サバンナ系統も高い。ホンダ、スバルはFFだからNG。となると、マツダならプレスト、カペラ、グランドファミリア、三菱ならランサーといった辺り。この辺の旧車と付き合うっていうのも楽しそう。当時のモデルなら個人的にはランサー辺りが一番好きだったりする。

|

« 無灯火逆走 | トップページ | 体組成計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧車:

« 無灯火逆走 | トップページ | 体組成計 »