« ヒルクライム用フレーム、イザ製作 | トップページ | ケイデンス »

2018年1月14日 (日)

シフトダウン

Vツインの面白さ、大きなトルク。
それ故に、ギアポジション毎のレシオは結構ワイド。
ワイドレンジ+フラットトルクというのは、何処でも、どんな風にでも走る。

しかし、、、、

リズムを刻むように走っていくと、どうしてもギアチェンジは不可欠。

そんな時、ギア比がワイドなモデルでは、シフトダウンが結構難しい。

しっかり回転を併せてミートしなければ、リアグリップがブレークする。シフトダウンしなくとも、アクセルを閉じるだけでエンブレでリアがブレークする事もある。
リアのグリップを感じながらシフトダウンする。

今時のモデルは、マルチでもトルクリミッターがあるので、そんな心配は不要。

しかし、古いエンジンは、自分で行う。

でも、このブリッピングの際の吹かし方、ミートタイミング、速度を調整する、、、これが最高に楽しい。

2ストマルチのガンマだと、こんな事は全く考えないけど、4ストVツインでは、この辺が非常に神経質。もしかしたら、バックトルクリミッター付き前提で育った人には、乗れないかも知れない。

この時期の低い路面温度、時折の雨雪でのウエット、、、グリップレベルが低ければ特に神経を使うけど、これが楽しい。

機械任せでなく、出来るだけライダーが支配する、、、これが楽しい。

|

« ヒルクライム用フレーム、イザ製作 | トップページ | ケイデンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/66275065

この記事へのトラックバック一覧です: シフトダウン:

« ヒルクライム用フレーム、イザ製作 | トップページ | ケイデンス »