« 寒冷ヒルクライム | トップページ | シートポスト »

2018年2月 7日 (水)

180km/h規制解除とETC標準化

こういう流れらしい。
まぁ、180km/hリミッターがあろうがなかろうが、そこまで出す事自体考えていないので、個人的にはどっちでも良い。
それでも、世間ではリミッター解除かどうかを気にする人は少なく無い。
ETCというのは確かに便利な装備品。四輪車なら必須だけど、個人的には二輪車でETCはどっちでも良い。そもそも、二輪車で高速道路を使って何処かに出掛けるという場面を想定していないからだ。まぁ、必要があれば、装備するかもしれないが、今のところ、そういう予定は無し。

現実問題、日常利用では180km/hなんて速度は一瞬でも出る事は有り得ない。まぁ、機械として本来出る筈の性能が制限されているという気分的な面ではメリットがあるかもしれない。
ETCについては、本来は高速道路の料金支払いでのメリットだろうけど、自身の使い方では、二輪車でわざわざ退屈な直線道路を走るという部分に魅力を感じないので、これも無関心。速度的には、三桁に届かない速度範囲が気持ちよく使えればOKで、道は曲がりくねった道程嬉しい。ツーリングの際には、交通量の少ない曲がりくねった三桁国道、酷道、県道、農道を繋いで目的地を目指すのがスタイルだから、ETCは不要だ。

ただ、個人的には、二輪車ならGPSロガー機能を備えた走行映像の記録機器が欲しいところ。四輪ならドライブレコーダー的なモノ。走行映像を後から見て楽しむ、、、、これは進めたい。できれば、走行の緯度、経度記録に留まらず、高精度で道路内のライン迄記録できれば楽しい。更に言えば、高度記録、ギアポジション、回転数、ブレーキポイントといったライディングインフォーメーションをロギングする事が出来れば更に楽しい。

二輪車版ラリーコンピューター的なロガーがあれば欲しい。

|

« 寒冷ヒルクライム | トップページ | シートポスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 180km/h規制解除とETC標準化:

« 寒冷ヒルクライム | トップページ | シートポスト »