« 2018年F1開幕間近 | トップページ | 運動時間1時間単位 »

2018年2月28日 (水)

ジオメトリー調整

CX、既にスタータークラッチ周りが怪しい。何時スクラップになってもおかしくないけど、乗る頻度が増えて、もう少し穏やかな操縦性を与えるのも悪くないか?と思案中。
具体的には、同系の車種の範囲のレベルでキャスターを寝かせてみようか?と思っている。

手っ取り早いのは、フォークを延長(長いインナーチューブを調達)しようか?と言う事。実は、足周り交換を行って、若干、サイドスタンドで停車時の姿勢が立ち気味な事もあり、もう少し車高を稼いだ方が良いかな?と考えている。

基本的に立ち角が代わったのはフロントサスペンション周りの変更によるものであり、これを、気持ち戻せば良いかな?と考えている。

勿論、今のクイックな操縦性も問題無いけど、CXの後にBT、SVに乗り換えると、特にBTに乗り換えると、あまりにも曲がらない安定サイドの操縦性に違和感を感じるのだ。CX的な操縦では曲がらない。
逆に、BTからCXに乗るとレプリカバイクの如くの操縦性に感じるのだ。

この違和感を解消するには、持っている愛車の中でCXの操縦性を他のモデルに近付けるのが良いかな?と考えている。

暖かくなったら、その辺の変更を行ってみたい。

|

« 2018年F1開幕間近 | トップページ | 運動時間1時間単位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジオメトリー調整:

« 2018年F1開幕間近 | トップページ | 運動時間1時間単位 »