« 180km/h規制解除とETC標準化 | トップページ | シェアサイクル »

2018年2月 8日 (木)

低速トルク

この判断は結構難しい。
今話題のZ900RSは低速トルクが強力という話を聞く。トップで2000rpm近辺でギクシャクしないのだそうだ。ジワジワ加速するという。
ただ、ギクシャクしないのが低速トルクというのは少し違うような気がする。

そもそも、トルクの有無の判定は、その回転域におけるスロットルからの応答性である。
その回転数でギクシャクせずに回るだけというのは、個人的な感想では低速トルクという感じを持っていない。
マルチエンジンであれば、低回転でもギクシャクせずに回るけど、だからといってマルチエンジンに低速トルクがあるとは思えないのである。

低速トルクというのは、低回転で回っている状態でアクセルを開けたら即座に加速に移れるかどうか?と言う事。元々、トルクっていうのは力である。力というのは、加速度の源泉である。トルクがあるのは、加速応答するかどうか?で考えるべきであり、ギクシャクしない状態で、アクセルを開けてもモーモーいって回転が上がらないのであれば低速トルクがあるという判断には繋がらない。

我が家のSV、CX、BTはアイドリング付近では下手すればギクシャクするけど、少なくとも回っていれば、アクセルを開けた瞬間にズバッと回転上昇する。これが低速トルクだと思う。

|

« 180km/h規制解除とETC標準化 | トップページ | シェアサイクル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低速トルク:

« 180km/h規制解除とETC標準化 | トップページ | シェアサイクル »