« 寒冷ヒルクライム | トップページ | シートポスト »

2018年2月 7日 (水)

ヒルクライムのペース作り

登坂速度というと、ヒルクライム時の走行速度だけど、出力というのは、実質的には仕事であり、重力に抗って稼いだ標高を稼ぐに要した時間次第。

となると、獲得する標高を得るのに要した時間を目安にしておく方が判りやすいかもしれない。

自身は、100mの標高を3分15秒で獲得するのが維持可能なペース。維持出来るのは100mの標高を10回連続だから1000mの標高。1000mの標高を得るのに必要な時間が32分30秒ということだ。

距離で10kmのコースだと、平均速度で18.5km/h、距離で5kmのコースだと平均速度は9.3km/hとなる。逆に、距離20kmのコースだと、そのままだと平均速度で37km/hとなるけど、その速度域になると、空気抵抗等が無視出来なくなるので、平均速度はグッと下がる。

ただ、ヒルクライムというと、斜度で7%以上で車速的には20km/h以下の速度域のコースが殆どであり、どんなコースでも、標高獲得速度を頭においてペースを作るのが大事なのである。

|

« 寒冷ヒルクライム | トップページ | シートポスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒルクライムのペース作り:

« 寒冷ヒルクライム | トップページ | シートポスト »