« サタケ製作所 | トップページ | 増し締め »

2018年2月 3日 (土)

低速リセッティング

本日、CXのスローの調整を行った。
始動性は相変わらず今一だけど、取り敢えず始動して10km程走行、、、、

すると、円周側アース電極が煤けている。中心電極の焼けは良好。

そこで、スクリューの戻し回転数をカウント、、、、すると2-3/8戻しでS/M通り。

そこで、1/8程締め込んだ状態の2-1/4戻しで10km走行。

すると、右シリンダーは良好ながら左シリンダーが少し煤け気味。

次は、左シリンダーだけ更に1/8締め込んで10km走行。

すると、、、、両シリンダーともイイ焼け具合。円周側アース電極はうす茶色、中心電極は黄土色

これで、様子を見ましょう。

因みに、少し絞って乗ってみると、低速でのアクセルの付きが体感出来るくらい改善している感じ。この僅かな違いでレスポンスに違いを感じる、、、、面白いモノである。

長く乗ると、この辺りの調整は必須かもしれない。

因みに、その後にSVにも乗ったけど、、、、SVはセル一発始動、そしてエンジンレスポンスは最高、、、、やはり、新しいバイクは違う、、、、

|

« サタケ製作所 | トップページ | 増し締め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低速リセッティング:

« サタケ製作所 | トップページ | 増し締め »