« 自分で速い!って、、、、 | トップページ | 運転マナー »

2018年2月25日 (日)

高級ドイツ車

といえば、メルセデス、BMW、ポルシェというイメージ。一寸落ちてアウディか?そして、総合メーカーでフルラインナップするのがVWという印象。

もともと、高級車っていうと棲み分けが出来ていたような印象だ。
メルセデスといえば、基本はセダン、派生は2ドアセダンというレベルのクーペ、エンジンはV8、直6でレイアウトはFRという印象。そして、BMWというのはメルセデスより一回り小さなクラスを担うセダン、クーペで、直6、直4のFRという印象。ポルシェはフラット6、フラット4のリアエンジンのクーペモデルというのが印象である。

このようなカテゴリーを守った棲み分けというのは、単車の世界では空冷横置きVツインのハーレー、Lツインのドカ、縦置きVのグッツィという感じで、メーカーの個性という印象と通ずる印象であった。

よって、このカテゴリーのモデルでは、このような専門メーカーには総合メーカーは敵わない絶対的な存在という印象だったけど、最近は、どのメーカーもフルラインメーカー化している。

ただ、メルセデス、BMWのエンブレムを付けたら全部がメーカーの個性を受け継げるか?というと甚だ疑問。正直、4気筒のメルセデス、FFのメルセデスとかBMWとか、そんなモノに価値ある?という気がする。高級車なりに大きなエンジン、豪華な装備だけど、それって、メーカーの個性や伝統が詰まっているか?というと、そうは見えない。
コンパクトカーとかSUVとか、そういったカテゴリーのモデルなら、他のメーカーのモデルと同じか、劣る程度にしか見えない。

国内では、安価のクラスのBMW、メルセデスが存在するけど、あれって、乗る価値あるのかな?というのが偽らざる感想。バッヂを外して運転したら、おそらく、それが、そのブランドのモデルだ!とは誰も分からないような気がする。以前も記事にしたことがあるけど、伝統に拘るって言うのは、少量生産のメーカーには重要な事だと言える。

ポルシェがエントリーに拘って製作した914とか912、今ならケイマンといったモデルはポルシェという考えに繋がるけど、今時のマカン、カイエン、パナメーラとか、あれって必要か?という気がする。

メルセデスならCクラス以上の普通のセダンだけ。CLSは要らないし、AクラスもBクラスも意味が見えない。BMWも2、3、4と分ける意味が見えない。3でセダンとクーペだけで十分。上は5、6、7でOKのような気がする。下の1とかXシリーズ、ミニバン系、ハッチバッククーペが必要か?というと、正直、一発モンで終わりのような気がする。

まぁ、選ぶのは消費者だけど、なんだかなぁ、、、って気がする。仮にフェラーリやランボルギーニが直4クーペなんかだしたら、超ガッカリだけど、それと同じ。

|

« 自分で速い!って、、、、 | トップページ | 運転マナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高級ドイツ車:

« 自分で速い!って、、、、 | トップページ | 運転マナー »