« F1ウインターテスト | トップページ | ヒルクライムとエア圧変化 »

2018年3月11日 (日)

ポケットラジオとヒルクライム

基本、イヤホン、ヘッドホンは嫌い。でも、普通のスピーカーで開放音を聴くのはOK。
ということで、ヒルクライム中、ウインドブレーカーの胸ポケットに1000円のポケットラジオを入れて大きくないボリュームで使ってみた。

下り坂は、風切り音、路面の振動音で全く聞こえないけど、ヒルクライム中は周囲が殆ど無音なんで、時折通り過ぎる車と遭遇する時以外は、ラジオの音声を聞き取る事が可能。

なるほど、こういう使い方は、悪くない。

兎に角、小型で軽量に拘るなら、単四電池駆動でアナログチューニングという最もベーシックな構成が、おそらくベスト。イヤホンなら80~90時間OKだし、スピーカーなら30時間程度はOK。使用形態から音質、ノイズは殆ど気にしない。何言っているか判ればOKレベルなら、どこのでも良い。国産ブランド、例えばソニー製だと4000円程度から、中華ブランドなら1000円前後で調達可能。あれば、割と便利。

ラジオで放送から一方的に流れてくる曲を聴きながらヒルクライム、、、、単調な周回コースも、割と気が紛れてアッという間に時間が過ぎるのは悪くない。

しばらく、これで運用したい。夏場の汗だくとなるシーズンには使いづらいけど、冬場で汗が抑えられる時期には良さそう。

|

« F1ウインターテスト | トップページ | ヒルクライムとエア圧変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポケットラジオとヒルクライム:

« F1ウインターテスト | トップページ | ヒルクライムとエア圧変化 »