« 足周りセットアップ計画 | トップページ | ポケットラジオとヒルクライム »

2018年3月10日 (土)

F1ウインターテスト

今年のウインターテスト、ライブで追っ掛けてきたけど、結構面白い。
取り敢えず、全チームともマシンの性能は相当に向上しているのだろう。また、チーム間のパフォーマンスも相当に拮抗してきているような印象。

昨年は今一だったマクラーレン・ホンダが分かれて、二つの陣営となったようだけど、マクラーレンもトロロッソ・ホンダも、そこそこのパフォーマンスを示しているように見える。

勿論、シーズンをリードするのは、メルセデス、フェラーリ、レッドブルの三強という構図は変わらないだろうけど、それ以外のチームの仕上がりも上々という印象である。

メルセデス、フェラーリ、レッドブルは何れも異なるPUを搭載し、それらのPUは他のチームにも供給されている。それらのPUを搭載した三強以外のマシンのトップスピードには基本的にそれ程大きな差は無さそうである。ただ、ルノーエンジンを搭載したマシン同士の比較ではマクラーレンのトップスピードの伸びが今一という感じで、トップスピードが大幅に劣りパワーが無いと言われていたホンダPUを搭載しているトロロッソのトップスピードは、他のPUを搭載したマシンと比較して大きく劣っているようにも見えないのが興味深い。

シーズンで使えるPUは三基迄と非常に厳しい制限の中で新しいシーズンを迎えるのだろうけど、ウインターテストでは、各チームとも新しいレギュレーションにそこそこ対応したPU+シャーシで開幕戦に望めそうな印象である。

マクラーレンのシャーシもテスト序盤こそトラブルを多発させていたけど、二週目後半以降では、対策の効果が出てきたようで故障による戦線離脱で順位が決まるという形のレースではなく、純粋にマシン+ドライバーのポテンシャルによっての決着を見る事が出来そうだ。上位三チームとそれ以外のチーム間には差があるようだけど、その差は、もしかしたら、それ程大きなモノではないかもしれない。開幕戦次第だけど、取り敢えず、開幕戦は楽しみである。

|

« 足周りセットアップ計画 | トップページ | ポケットラジオとヒルクライム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1ウインターテスト:

« 足周りセットアップ計画 | トップページ | ポケットラジオとヒルクライム »