« トルクの出方 | トップページ | 高麗連邦、現実化するか? »

2018年3月29日 (木)

長持ちする筋肉

ヒルクライムを続けて思う事。
それは、脚の前面側の筋肉というのは力を長時間発揮し続けるのが難しいという気がする。

ヒルクライムにおいて、前傾姿勢を保ち、真下の踏み下ろすべくしたペダリングでは、太股の前面側の筋肉を使っている感が強い。フレッシュな状態では大きな駆動力を得る事が出来るけど、その状態を長く維持するのは難しい。
結局、乗り方を色々と変えて主導的に使う筋肉を切り換えてのペダリングになる。

しかし、アップライトな姿勢で前方に蹴り出すべくしたペダリングでは、太股の裏側の筋肉を使っている感が強い。このペダリング、高いケイデンスを維持し続けるには不向きだけど、リズミカルに一定のリズムで長時間、大きな駆動力を得る事が可能だ。
この乗り方だと、ヒルクライムの周回コースをメニューとした10周の間、ずっとペースを保ったまま持続出来る。

因みに、上述した二通りの乗り方による登坂の速度は殆ど同じである。

つまり、後者の乗り方だと、長時間ペースを保ち続ける事が出来るのだ。

印象として、前側の筋肉よりも、後ろ側の筋肉の方が疲れることなく長持ちがする、、、そんな印象である。

|

« トルクの出方 | トップページ | 高麗連邦、現実化するか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長持ちする筋肉:

« トルクの出方 | トップページ | 高麗連邦、現実化するか? »