« BTのリフレッシュ計画 | トップページ | 散歩リード »

2018年3月 3日 (土)

立ち漕ぎは注意!

自転車の立ち漕ぎ、大きな力が掛けられるので、大きな加速力を得る事が出来る。
でも注意が必要。

立ち漕ぎの状態は、ペダル一つに体重が殆ど全て乗っかる状態である。

この立ち漕ぎで大事なのは、ペダルをしっかり踏むということ。

ペダルが踏めない状態に陥ると、極めて危険である。

ペダルが折れる、ペダルから滑るといった状態。そうなると、掛けようとした体重を受け止める所が無いので、即、大転倒となる。

立ち漕ぎするなら、そんなリスクに陥らない場面で行うに限るのが大事。

速度が低く、踏み外す危険性の少ない上り坂限定というのがお奨め。

下り勾配、荒れた路面、段差越えで加速時に立ち漕ぎというのは、踏み外しリスクが非常に高い。

立ち漕ぎでの踏み外し、、、、取り返す事が出来ない状態なので、立ち漕ぎすべき状況を決めて乗るのが大事。

|

« BTのリフレッシュ計画 | トップページ | 散歩リード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ち漕ぎは注意!:

« BTのリフレッシュ計画 | トップページ | 散歩リード »