« 日本人力士が横綱に辿り着けないのは、、、 | トップページ | 路面のコンディション »

2018年3月31日 (土)

ロードでジャンプ

固定ギアのピストに乗っていると、ホイールが回転しているときはクランクも回転しており、脚も常に回転している。
そんなピストでは、走行中に遭遇するギャップを飛び越すのは結構難しいし、精々前輪を少し浮かせるだけが関の山。

しかし、フリーハブのロードでは、その辺の危険回避の選択肢が大きく変わってくる。
クランクを回転はホイール回転に連動しない。これは、危険回避に大いに有効。

ナイトヒルクライムでは、ヘッドライトの照射によって突如、路面上に異物を発見する事がある。
そんなとき、どうするか?
普通なら原則して進路変更だけど、ダウンヒルの下り勾配では、全く異なる方法を取る。

それは、、、、車体の上で身体をジャンプさせて、腕で前輪を、脚で車体全体を浮かせて回避する事。同時にジャンプ、同時に着地だから衝撃は最小限。これが出来るのはロードの特権である。ピストでは難しいけど、ロードでは、とっても簡単。

|

« 日本人力士が横綱に辿り着けないのは、、、 | トップページ | 路面のコンディション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロードでジャンプ:

« 日本人力士が横綱に辿り着けないのは、、、 | トップページ | 路面のコンディション »