« 街乗りは細いタイヤ | トップページ | 軽くない人のヒルクライム »

2018年3月21日 (水)

逆操舵、当て舵、、、、

ヤマハのモトボットが登場し、その際の解説で登場して以来、多くのサイト、メディアで取り上げられるのが『当て舵』が上手いコーナーリングの秘訣的な話。
コーナーリングの切っ掛けに、『当て舵』と較べられるのが『体重移動』で、体重移動の寄与率は10~20%しかないという論文が、この傾向の原因だろう。

しかし、多くのライダーは、コーナーリングではフロントセルフステアに任せるのが基本と習ってきており、急に当て舵と言われても、戸惑う人も居るようだ。

ただ、いろんな論調を見ると、この話、相反する話でもない。そもそも、コーナーリングというのは、アプローチから立ち上がり迄が必要。当て舵っていうのは、コーナーリングの切っ掛け、バンクの切っ掛けで、対比論は、コーナーリングというよりも、進路変更でしか通用しない話でしかないように思う。

大事なのは、バンクの切っ掛けを作ることだけど、それよりも、バンクした後に如何に早く駆動力を掛ける事が出来るか?である。

大きな旋回で素早い駆動力というのは、重心を落としても、タイヤの接地面積を確保するというのが大事。本来、体重移動というのは、バンクの切っ掛け作りではなく、素早い加速体制を造り出すための姿勢維持の方が大事。そして、その姿勢をアプローチ段階で造り出すのが準備的な体重移動なのである。本来の重心移動は、バンクアプローチの切っ掛けでなく、コーナーからの加速体制の予備的な準備の方が意味が多いのである。
ただ、その準備態勢を造り出す時には、通常はイン側に荷重を移す。そうすると、単車基準で見れば、内側前方に重心が移動する。その身体を支えるために内側上腕は、内側ハンドルのグリップを結果的に押しているのである。これが無意識な当て舵に相当しているようなものである。

現実問題、両手放しで体重移動だけでは素早い旋回は出来ない。体重移動の結果、後輪のトラクションに応じた当て舵を無意識に行っているのである。ただ、意識の順序として、当て舵を当てる、、、とういのではなく、一連の流れの結果として当て舵になっているのが従来のスタイルである。

体重移動というのは、基本は加速を如何に素早く行うか?の準備動作的な意味の方が強い。タイトなS字を走る時、出口の立ち上がりフォームに併せた姿勢で一つ目のアプローチを行う事もある。それは、どこを重視しているか?というと、二つ目のS字からの立ち上がりを重視しているからである。

最近のブログ等を見ると、当て舵で曲がれ!的なサイトも少なく無いけど、蛇角からバンクを造り出すよりも、体重移動でもない、当て舵でもない、もっと別の方法で直接的にバンクの切っ掛けを作りバンクさせるのが正解だと思う。ここでは方法は述べないけど、切っ掛けよりも必要なバンクを造り出すには、なによりも適切なバンクを感じながら目的に到達させる方が大事。それには、狙ったバンクが自分にとって適当と言うことを感じられる姿勢、体勢で行うべき。それには、より直接的なバンキング操作の方が個人的には良いと思う。

|

« 街乗りは細いタイヤ | トップページ | 軽くない人のヒルクライム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆操舵、当て舵、、、、:

« 街乗りは細いタイヤ | トップページ | 軽くない人のヒルクライム »