« Z900FXとかも、、、 | トップページ | 歩道での自転車 »

2018年4月 3日 (火)

ジムカーナ的に

最近、BTとCXに乗る時間が多い。アップライトな姿勢と十分な低速トルク、大きな車格+重たい車体だけど、結構楽しい。

直角に曲がる、Uターンに近いヘアピン、そういう場所では、市内だと一時停止が付き物だけど、一時停止+即旋回、、、、こういう走りは結構楽しい。まぁ、ジムカーナ的な走り方である。学生時代でサーキットに出入りする前は、トライアルとジムカーナに熱中していたことがあるけど、低速域で車体をキビキビと扱うのは結構楽しい。

大きな車体を軽快に扱う場合、大事なのは深く倒し込んで一気に向きを変えるのが基本。そこで重要なのが、倒し込んで起こす時にしっかりトルクを掛ける乗り方。これが出きれば、車体の大きさ、重さは関係無い。ビビって扱うと、トルクが欠けられない。大きさ、重さに恐れて車体を寝かすことが出来ない、、、、結果的に、俊敏に向きを変える事が出来ない。

大事なのは、スパッと、クルッと回って走る。これが楽しい。まぁ、低速時のバランス感覚も重要。一本橋云々というのではなく、まぁ、重量車でもスタンディングスティル的に停止したり、或いは、フルロックで微速八の字走行だとか、そういうのは当然だけど、しっかり低速でも扱えるのも重要。クルッと走るのは、そういうバランスを取った状態からバランスを失わせてパワーでバランスを取り戻す事、どの程度、失わせて、どうすれば復帰出来るか?を把握するのが大事である。

セパハン+バックステップ的なモデルでも可能だけど、アップライトなバイクの方が、そういう走り方は楽しめる。

大事なのは大きさよりも、低速トルクとポジションだ。そういう面でBT、CXは共に合格だ。

|

« Z900FXとかも、、、 | トップページ | 歩道での自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/66567211

この記事へのトラックバック一覧です: ジムカーナ的に:

« Z900FXとかも、、、 | トップページ | 歩道での自転車 »