« モンキー125、、、、 | トップページ | Zの定義 »

2018年4月23日 (月)

水無し洗車スプレー

去年、一時期出入りしようか?と思っていたショップで調達したのが、汚れ取り+艶出しコーティング剤。基本は単車の汚れ取りに使っていたけど、殆ど付き合いで買ったようなモノで、実は存在は殆ど意識していなかった。

で、年末に郊外のショッピングモールで目に付いたのが、水無し洗車が可能というモノ。
実演中だったので、チェックしてみる。これ、スプレー式で車のボディ、ガラスに吹き付けた後に伸ばしてから拭き取るだけのもの。少々の汚れなら、そのまま処置OKというものだそうだ。で、それを見て思い出したのが、昨年購入したスプレー式の汚れ取り+艶出しコーティング剤だ。

で、記憶を辿ると、昨年購入したのは、直径4cm、高さ15cm程の缶で2000円程だったような記憶があるけど、今回のは直径8cm、高さ20cm程の缶で2300円程。一缶で小型車4回分程度との話。

で、車に試験施工ということなんでチェックして貰ってみた。因みに、車の洗車は前回は夏。車体全体に相当なダストが付着して、水垢バンバンの状態。
これにスプレーで薬剤を点付け、そして、ウエスで塗り伸ばした後に、ウエスでサッと拭き取る。

すると、、、、ダストは勿論だけど、水垢が驚く程綺麗に除去されて、表面はワックス皮膜が綺麗に乗っている。

ということで、購入してみた。まぁ、単車、自転車等の清掃にも使えそうということで、奮発して5缶購入してみた。

自宅に帰って、早速、車に施工。そして、ボディパネル毎にスプレー+拭き取りの作業。所要時間は15分で、驚く程に綺麗な仕上がり。これまで、中性洗剤で水洗洗車した後に水分を拭き取ってコーティングワックス剤を塗り込んでいたけど、これに要していた時間は2時間弱だったのが1/8~1/10の時間で終了である。手間と仕上がりを見ると、これまでの作業がバカみたいとも言える。

因みに、この水無し洗車スプレー、商品名は『FW1ワックス』とのことで、帰ってネット検索してみると有名な商品。無くなればアマゾン等で入手可能。

なお、ボディへ傷を付けないためには、塗り込み、拭き取りに使うウエスは、マイクロファイバーウエスを使う。今回は、スプレー5本+マイクロファイバーウエス9枚+スプレーヘッド2個で購入。

普通、洗車っていうと年末に行う事が多い。夏と冬なら、汚れが進む冬の方が多い。そういう時は、水を使わない水無し洗車スプレーは結構お奨め。短時間の作業で、ソコソコ綺麗に仕上がる。欲言えば、、、、スプレー一本は1500円程度だと、なお嬉しい。

|

« モンキー125、、、、 | トップページ | Zの定義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無し洗車スプレー:

« モンキー125、、、、 | トップページ | Zの定義 »