« 今日のピスト走 | トップページ | スクーター »

2018年4月17日 (火)

シャフトドライブ

今更だけど、シャフトドライブが好きだ。
メンテナンスフリー、そして汚れない、これが大きなメリット。走行音も静かなのは、走っていて雑騒音が少ないので心地よい。

しかし、最近はシャフト駆動車は極めて少数派である。

80年代以前は、ヤマハの4ストローク重量車といえばシャフト駆動がスタンダードだったけど、ヤマハのクルーザーモデルの多くはベルト駆動になっている。
現在、シャフト駆動で残っているのは、重量級ツアラーモデルくらい。ブランド的には縦置きエンジンを搭載するBMW、グッツィ系統くらいである。

シャフト駆動の欠点、一般には車体が重くなるとか、押し歩きの際の抵抗が大きいとか、そういう風に言われているけど、他には、アイスバーン等で発進時においてシャフトの回転反力によってリアタイヤが横方向にスライドしやすいのも欠点かもしれない。
他には、激しい走りで、強烈な減速時にブリッピングしながらシフトダウンさせるときに、同調が崩れると、駆動系に大きな負担を与えることもある。XZで遊んでいたときは、それが原因で駆動系をクラッシュさせた事もある。

ただ、一般的な使用においては、デメリットよりもメリットの享受、恩恵の方が多かったように思う。

今時の人は、シャフト駆動車の存在自体を知らない人が多いかも知れないし、今後、消えていくかも知れないけど、個人的には、フルドレスのツアラー以外にも生き残って欲しいメカニズムの一つである。

|

« 今日のピスト走 | トップページ | スクーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャフトドライブ:

« 今日のピスト走 | トップページ | スクーター »