« コンパウンドの違い | トップページ | いくら○○車とは言え、、、 »

2018年4月19日 (木)

BGでGBの女性ライダー

今月号のMr.BikeBGを購入して読んだ。特集は昔の400特集。
そこで女性ライダー3名が登場していたけど、そこで感心したのが、Z400FX担当の女性ライダー。女性にしては背が高い方。名前は知らないけど、見ればGirlsBikerという女性向けバイク雑誌の編集者の方だそうだ。

そこで『オッ!』と思ったのは、乗っている姿に余裕が感じられた点。

基本、街中を走るライダーだったり、雑誌の乗車写真だったりは、結構、感心を持ってみるけど、この人の乗っている感が凄く自然に感じたのである。

日常生活で見るライダーで、『オッ!』って思うのは、如何にも自然に乗っているかどうか?である。街中で、『ドウダ!』的に気取り乗りしていたり、無謀に飛ばしているのを見ても上手いとは思わない。上手い!って思うのは、なによりも自然体で肩の力が抜けているというところ。これに注目する訳だ。

今回、三名の女性ライダーが登場していたけど、他の二人の方と、この方の違いは?というと、下半身がしっかり安定していて、肩の力が抜けて、脇も開いてないし、顎も上がっていない感じ。凄く乗り慣れている感じを受けたのである。

他の二人の方は、その辺で良く見掛ける感じで、何とも思わなかったけど、Z400FX担当の方は、自然体感が凄く出ていたように思う。

雑誌のライディング写真で男性レポーターの方の乗り方は、如何にも『決まってるでしょ!撮影して!』って感が強すぎて、そんな姿勢で乗っていたら変でしょ!って思うけど、この女性の自然体感は、とても好印象だったように思う。

余力感というか、そんな佇まい。それがポイントのような気がする。

|

« コンパウンドの違い | トップページ | いくら○○車とは言え、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BGでGBの女性ライダー:

« コンパウンドの違い | トップページ | いくら○○車とは言え、、、 »