« 予感 | トップページ | 次期愛車候補 »

2018年4月10日 (火)

ブレーキパッドの保ち

最近、単車のブレーキパッドを交換することが殆ど無い。
一応、定期的に残り厚さをチェックするけど、何時も十分有る。

でも、二十歳前後の頃は、走行距離も多かったけど、パッドの交換インターバルはもっと短かったような気がする。

フロントもリアも2~3ヶ月のインターバルで交換していた。どちらかと言えばリアの減りの方が早かったように思う。

一ヶ月に4000km程度走っていたけど、単車は三台程度を乗り分けていたので、一台辺りは1500km弱である。それで最長3ヶ月である。5000kmは保たないのである。

大抵は3000~4000kmで交換していたように思う。当時、パッドは安くなかったので、取り敢えず厚みがあれば良いということで、廉価なEBCのパッドを使っていた。

しかし、、、、今は10000km走ってもパッドの残りは半分以上ある。

理由は、、、、ブレーキを掛けない、掛けても大きな制動力を掛けていない、、、それが理由だろう。殆どエンブレ中心で速度調整しているような走り方だからだ。

アップダウンが激しく、曲がりくねった道ばかりを攻めて走るとブレーキの使用率は一気に高くなる。そういう状況が激減しているのがブレーキが減らなくなった理由でもある。

走る場所、走り方の変化は、こんな処にも伺える。

|

« 予感 | トップページ | 次期愛車候補 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキパッドの保ち:

« 予感 | トップページ | 次期愛車候補 »