« シン・ゴジラの尻尾 | トップページ | 今時の芸人、芸能人 »

2018年4月26日 (木)

CB250R

Ninja250SLの中止で、本格的なライトウエイトスポーツが途切れるか?と思いながら見ていて見付けたのが、CB250Rだ。
スペック的に大した差ではないけど、期待の一台。
Z250/Ninja250SLは車重で148~151kg、出力29PSということだけど、CB250Rでは車重が143kg、出力31PSとのこと。
新しい排ガス規制に対応しつつ、重量で5kg減、出力で2PSアップだそうだ。まぁ、誤差みたいなもんだけど、新車で購入出来る選択肢が登場ということ。

因みに、250ccクラスのライトウエイトスポーツの先駆けといえば、CB250RSだ。これは、125kgの重量に25PSのXL250Sのエンジンを搭載したライトスポーツだ。125kgというのは乾燥重量、今時の装備重量に換算すると140kgに満たない重量。これが想像以上の走りだったのは記憶に鮮明。この後、セル付きのCB250RS-Zに進化し、後追いのSRX250が登場、それからNZ250、CS250、CBX250RS/Sが登場した訳だ。

その後、シングルといえばグースが登場したけど、こちらは350ccのスケールダウンで残念ながら重たかったモノ。軽量マシンの系譜としては、Ninja250SLが久々の登場。そして、最新がCB250Rとのこと。

恐らく、買う事はないだろうけど、軽二輪クラスの中では一番気になる存在である。

|

« シン・ゴジラの尻尾 | トップページ | 今時の芸人、芸能人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CB250R:

« シン・ゴジラの尻尾 | トップページ | 今時の芸人、芸能人 »