« モンキー125、、、、 | トップページ | Zの定義 »

2018年4月23日 (月)

スイッチボックス修理

本日、BT1100で徘徊中、ウインカースイッチの節度感が怪しい、、、、
この節度感、SV、CX、ガンマと違って、元々少々怪しいのである。

最初はスイッチボックスがダイキャスト製で、イタリア製独特のタッチか?とおもっていたのだけど、どうもスイッチの感度、節度感共に怪しい。

ということで、スイッチボックスをバラしてみました。

すると、、、、プッシュキャンセルスイッチのリターンスプリングが腐ってます。更に、ウインカー位置で導通する接点が微妙に接触不良。

ということで、スプリングを他の単車のスイッチボックススペアから拝借。接点部分を磨いてコンタクトクリーナーを塗布。入荷して固まったグリスを取り除いてシリコングリスを入れて組み立ててみた。

すると、、、、他の単車と同じ様な節度感、、、、

要は、スイッチボックス内の汚れが原因だったのかも、、、、

少しずつ、整備が進んでいきます。

|

« モンキー125、、、、 | トップページ | Zの定義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイッチボックス修理:

« モンキー125、、、、 | トップページ | Zの定義 »