« 久々のLGS-MVF改 | トップページ | 折り畳み自転車のロックレバーの固さ »

2018年6月22日 (金)

前もフェンダーレス、、

時折、リアのフェンダーレス以外にも、フロントをフェンダーレスした車両を見掛ける事がある。
昔はフロントフェンダーを取り外すのはアウトだったような気がするけど、ショップ改でも見掛ける事もあるので、最近はちがうのかもしれない。

ただ、フロント倒立のモデルならいざ知らず、正立フォークのモデルでもフェンダー毎全て取っ払うのはどうなの?って気がしないでもない。

正立フォークのモデルの多くは、フェンダー自体が左右のアウターチューブが同時に動くように連結構造となっている。社外品ではスタビライザーなるパーツが追加できるけど、純正フェンダーも裏には金属製の連結補強材が入っている。

フロントフォークアウターの左右の連結はホイールアクスルで固定するけど、太いアクスルシャフトの両端がアウターチューブで強力にクランプ出来るタイプのフォークなら兎も角、シャフトを通して反対側からナットで固定する構造のアクスルを採用したフォークアッシーを用いて、フェンダーレスというと、フロントフォークはキッチリ動く?という風に思ってしまう。

自身、最初はフォークアウターの左右の連結なんて、関係無いと学生時代は思っていたけど、その部分の締結を変えると操縦性が変化する事に気付いて以来は、すくなくともノーマル程度の連結は確保するようにしているし、モディファイを加える場合、板厚の異なるスタビライザーを製作して、気に入った厚さを選んで使ったりしている。

ビンテージ改等では、スカチューンの極致狙いかも知れないが、SRとかWのカフェっぽいカスタムで前後フェンダーレス、スタビレスなカスタムも結構見掛けるけど、チョイ怖い。

|

« 久々のLGS-MVF改 | トップページ | 折り畳み自転車のロックレバーの固さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前もフェンダーレス、、:

« 久々のLGS-MVF改 | トップページ | 折り畳み自転車のロックレバーの固さ »