« 何故に真ん中で突っ込む? | トップページ | 屋根付き二輪 »

2018年6月26日 (火)

腰の安定

自転車のペダリングで大事なのは、腰を如何に安定させるか?だと思う。
DHバーを握るような深い前傾姿勢だとか、ヒルクライム時のアップライトな姿勢であっても、基本は腰をしっかり安定させる程、脚力が無駄なく駆動トルクに変換されているような気がする。

腰を安定させるには、サドル自体が高剛性で、左右に横揺れしない方が良いし、ペダリングによって腰が前後左右に歪んで動かない方が良い。

左右の横揺れ対策に対しては、サドルはベースプレートがしっかりしてスプリング等で支える構造でない固定構造の方が良い。
前後のズレ対策に対しては、バイクのシングルシートの如く、シートストッパーがあるのが理想。

特に前後ズレ対策では、アップライトで後乗りを作るので、その際にシートストッパーが機能すれば良いので、シートポスト辺りからアタッチメントで取り出してサドル後部にシートストッパーを設けるのが良いかも知れない。

試作して具合を試して、良ければ、スポルティーフ等にも使ってみたい。

|

« 何故に真ん中で突っ込む? | トップページ | 屋根付き二輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腰の安定:

« 何故に真ん中で突っ込む? | トップページ | 屋根付き二輪 »