« 何故に真ん中で突っ込む? | トップページ | 屋根付き二輪 »

2018年6月26日 (火)

DHバー、改造中

DHバーというと、本来は前傾姿勢で空気抵抗を減らして高速巡航するもの。
これは、ドロップハンドル以上に高速走行の手助けとなるポジションを作りだしてくれるので非常に便利。

一方で、アタッチメントを取り付ける事で、その部位を握る通常のドロップバーの使い方を制限する欠点もある。

そのために、一般的なスポーツサイクルには不適とされている。

ところで、自分は最近はピスト走に加えて、ヒルクライム走も行っているけど、ヒルクライムにおいてはアップライト姿勢が非常に楽という風に考えており、その姿勢を造り出すには、DHバーを改造したら更に好都合かも?という風に考えている。

以前も記事にしたかもしれないが、重量増を最小限にして、シートストッパーとの併用を前提として望むポジションが得られる構造にしたい。

上手く行けば、長距離サイクリング用の自転車に、色んなポジションを提供できるツールになる可能性もある。

|

« 何故に真ん中で突っ込む? | トップページ | 屋根付き二輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DHバー、改造中:

« 何故に真ん中で突っ込む? | トップページ | 屋根付き二輪 »