« チャリダーとライダー | トップページ | 収納スペース »

2018年6月21日 (木)

爪先の向き

単車を扱う時に割と意識しているのは、爪先の向き。そして、他の単車を遠目に見て最初に判断するのも爪先の向き。
姿勢とか、佇まい、或いは、扱い方、、、そんなモノでは、直視した瞬間に正確に理解出来ないけど、相当離れていても爪先の向きだけは確認出来る。その向きで確認した印象というのは、近付いて姿勢なりからの判断と殆ど変わる事がない。

爪先の向きも姿勢の一つだけど、爪先の向きが有り得ない向きだったら、99%違うという感じである。

速いとか、遅いではない。同じか、違うか?という判断での、違うという判断である。

爪先の向きというのは、瞬時におけるステップコントロールが行えるように待機しているかどうかという面で、それが出来ないような向きを向いていたら、まぁ、違うという事になる。

そんな待機状態が出来ないながらも、無茶っぽくスピードを出す人も居るけど、それは直感的に危なっかしく感じる。過去に行ってきた仲間内のツーリングの中にも居たけど、そういうのは危なっかしいし、よく転けたりしてたのも事実だ。

遠目に見て爪先が見えたら、、、基本は違う。昔は、そう感じる乗り手は少なかったように思うけど、最近は、どちらかというと違う感が伝わる乗り手の方が多いような気がする。

まぁ、ということは自分の方が少数派ということなんだろう。

|

« チャリダーとライダー | トップページ | 収納スペース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爪先の向き:

« チャリダーとライダー | トップページ | 収納スペース »