« 新型ジムニー | トップページ | 今更ながら、、、、 »

2018年6月19日 (火)

正直、遅いとは思わない

自転車で走るのは好きだ。ただ、基本は一人で淡々と走るのが好き。自分で決めた自分のペースで思うままに走るのが好き。
それ故に、人と遭遇するのを極力さけるために、時間帯を選んでいる。ピスト走は冬場は夜明け直後、夏場は午前6時台、ヒルクライムは夜間である。

人と遭遇すると、嫌なのはペースを乱されるから。後ろに付けられるのは凄く嫌い。
それ故に、ペースを上げ気味になる。他人に対して、自分が飛び抜けて速いとも思わないけど、少なくとも他人を見付けたら取り敢えず挑んで来る奴に較べると遅いとも思わない。ペースダウンして先に行かせて『参りました』的に振る舞うのは嫌だから、つい、踏んでしまう。ただ、停止間際に並ばれると、相当にムカツク。
『そこで、並ぶか?』となるのだ。

そもそも、日常で遭遇する瞬間といえば、筋力、瞬発力の多少、年齢の影響もあるかもしれないけど、高級機材+カッコイイウェアの似非レーサーとか、学生とか居るかも知れないけど、自転車の場合、体力勝負である。その体力が、機材に凝った方々と比較して劣っているとも思えない。

考えてみれば、毎月1500kmの走行を十数年継続(ピストは月間450km、最近は斜度12%ヒルクラを毎日標高1000m獲得)している。更にダンベルを用いた持久系筋トレは毎日1時間半、バーベルを用いた瞬発系筋トレは1時間メニューを週二日ペースである。
スイムは無休連続で3km以上を週1~2日以上である。泳ぐだけなら一定のペースで12km程度は休まず泳げるのである。平均すると日々の運動量は毎日4.5時間以上なのである。その辺の似非レーサーとは運動量が全く違うのである。安静時心拍数は40bpm以下だし、最高心拍数は220bpm以上、回復率は6以上である。心肥大、心筋肥大である。診断的には常時、Ⅰ度心房ブロック状態。瞬発に必要な脚にしても脹ら脛で40cm、太股で63cmである。
オッサンだけど、筋肉量は60kg以上、骨格筋率は37%以上、体脂肪率は10%前後である。似非レーサーとはエンジンの大きさが全く違うのである。
今時のマニアの拘るケイデンスにしても、最高で220rpmオーバーである。持久だろうが瞬発だろうが、機材頼みのコスプレ系似非レーサー如きに捲られる事なんて想定していない。
大体、自分の後ろに付いたら、薄着故に体型見ただけで判るだろうに、、、、何故に、付いてくる?と、いつも思うのである。ましてや固定シングルのピストである。そんなのに絡んでくるなよ、、、、と思うのである。

自分としては、面識の無い他人と競うのは嫌。目的は、自身の健康管理と学生時代のピーク値を為るべく落とさない状態で維持していたいだけだからである。それ故に、挑まれるのは嫌なのだ。

過去に一番感じ悪く感じたのは、最近は見掛けないけど、10年程前に白いインターマックスに乗ってた人。恐らく、牛田のショップに出入りしていたマニアだろう。レ・マイヨWで普通に走っていたら眼の色変えて追っ掛けてきたけど、そんなロードでオ・モイヨWWに挑むなんて何?って思ったのが未だに忘れられない。

|

« 新型ジムニー | トップページ | 今更ながら、、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正直、遅いとは思わない:

« 新型ジムニー | トップページ | 今更ながら、、、、 »