« ハザードマップ | トップページ | CB1100F »

2018年7月13日 (金)

折り畳み自転車のロック破損

さて、走行距離で7万キロに迫る街乗りDAHONだけど、遂に折り畳みレバーが折損破壊してしまった。走行中に折り畳み部が緩んでバランスを崩し、ガードレールで支えながら停止。その際に、ガードレールの破損箇所が靴に引っ掛かり、靴が破れたのが損害。

この折り畳みレバーだけど、以前、レバーをロックするテンションロッドを固定するピンが折れて、ピンを代用品と交換していたのだけど、ついにレバーも破損。

ピンが破損した時にレバー部品をアッシーで調達していたので、一応交換して延命を図るけど、折り畳み自転車は古くなると色々配慮するというか、注意して点検すべき箇所があるようだ。恐らく、疲労破壊は突然やってきた訳ではない。日頃、気にせず使っている時にも、良く見れば破損の兆候はあったのだろう。その兆候の段階で交換しておけば走行中に破断する事もなかったのだろう。

ただ、現実的に、乗車前点検をそこまでシビアにやるか?といえば、日常使いの折り畳み自転車ということを考えれば、多分、やらない。

|

« ハザードマップ | トップページ | CB1100F »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/66452005

この記事へのトラックバック一覧です: 折り畳み自転車のロック破損:

« ハザードマップ | トップページ | CB1100F »