« 脹ら脛、、、 | トップページ | クリア塗装 »

2018年8月15日 (水)

ブルーシートで車体カバー

ガレージに格納している単車、一応は屋根付きだけど、前面が開放されているので、風が吹き込むので、当然、ホコリも被る。

そこに、常時可動する単車を収納しているけど、ガンマについては車体カバーも掛けているので、基本的に汚れる事はない。

しかし、ガンマ以外の車両は、車体カバーは掛けていない。車体カバーを掛けると、一台毎スペースが必要なので、スペースに無駄が生まれ、他の自転車の格納等に差し支えるからだ。

そこで、ホコリよけのために利用しているのが、複数台を纏めてカバーするためにブルーシートを用いている。車体カバー程完全に被うことが出来ないけど、上面を被うだけでも結構効果的だ。

現在、SVとCXを一枚のシートで、BTは単独で一枚のシートで被っている。

当初はシートをクリップで留めていたけど、面倒臭いので今は違う方法である。ブルーシートの場合、端部にハトメ穴がある。そこに紐で厚手のゴム板を錘代わりにぶら下げている。これを車体に掛けているのだ。ゴムの錘がウエイトになってシートをしっかりカバー出来る。そして、シートを掛けたり、取ったりが非常に簡単なのが良い。専用カバー程完全には被えないけど、シート+ウエイトでも十分である。

専用車体カバーだと安価なモノでも数千円するけど、ブルーシートと錘用のゴム板なら1000円チョイで出来る。

この方法で、約1年半が経過したけど、ブルーシートカバーを使ってからは、車体上面に掛かるホコリの量が激減している。

因みに、一台を一枚のブルーシートで多う場合、上面+左右側面が完全にカバー出来る状態だ。露出するのは、フロント部分のみとなる。こういう状態でも結構効果的だけど、一台だけをカバーするなら、ブルーシートよりも通常の車体カバーの方が良いだろう。
ただ、二台を纏めてカバーするなら、結構、お奨め。

|

« 脹ら脛、、、 | トップページ | クリア塗装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーシートで車体カバー:

« 脹ら脛、、、 | トップページ | クリア塗装 »