« ハイブリッドとアシスト | トップページ | 今時のバイク向けのタンクバッグは? »

2018年9月17日 (月)

タンク容量

改めて思う。
絶対的に容量は必要。

250cc軽二輪なら15Lは欲しい。ミドルクラスなら17~18Lは最低限確保したい。重量車なら、やはり20Lは必須だろう。

カタログスペックで燃費×タンク容量で航続距離を推し量ってもあてにならない。

燃費はトップで巡航、、、重量車ほど、街乗りではギアポジションは低い。燃費なんてカタログ数値の半分程度だろう。そこまで行かない方が殆ど。

タンク容量も、予備タンク、警告表示段階で給油するのかもしれないけど、大抵は自身の経験燃費からトリップメーターで判断する方が多い。

我が家のCXは燃費で14km/L程度だろう。SVでも同じくらい。ガンマなら6km/Lも行かない。BTで14km/L程度。基本、市街地+峠だから仕方ない。
ツーリングに出掛けたとして、CX、SV、BTで18km/L程度。ガンマで10km/L届かないくらい。

タンク容量はCXは19L、SVが17L、ガンマで22L、BTで20L。給油量はCXとSVが14L時、ガンマで16L、BTで15L程度。走行距離は4ストで200km行かないくらい。ガンマで130kmくらいか?

仮に、燃料タンクが13Lとかだと、殆ど走れない感じ。

まぁ、走り方の問題かもしれない。

今時のバイク、タンク容量が少なすぎる。装備重量が軽めに出るのがメリットかもしれないけど、ツーリング時には不安以外の何物でもない。

個人的には20Lタンクが最低限。SVの17Lというのが足りなすぎ、、、、ガンマの22Lは嬉しい。

因みに、BTはMT-01と迷ったけど、タンク容量の違いが大きな決め手の一つ。

新しいSVをパスする一つの理由、タンク容量が少なすぎるのも大きな理由。

|

« ハイブリッドとアシスト | トップページ | 今時のバイク向けのタンクバッグは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンク容量:

« ハイブリッドとアシスト | トップページ | 今時のバイク向けのタンクバッグは? »