« カタナティーザー、最終 | トップページ | スーパー実用自転車 »

2018年9月29日 (土)

セミドロップハンドル

昔あって、最近見掛けないハンドル。
昔、ヤングウェイ等のジュニアスポーツサイクルに定番だったハンドルだけど、最近は全く見掛けない。

でも、ふと振り返ってみると、あのセミドロップハンドルっていうのは悪くないハンドルだったように思う。

ペダルを漕ぐ時に力が入りやすい縦握りが出来る。そして、レバー類は普通のアップハンドルの自転車と共用可能。
今時のブルホーンの場合、グリップ部がステムよりも前方に位置するので遠くなるけど、セミドロップハンドルというのは、ステム位置と同じか手前に位置する。

振り返れば、そんなに乗りにくいハンドルではなかったような気がする。

今時のクロスバイクはフラットバーハンドルだけど、もしかしたらセミドロップハンドルの方が好都合では?と考えることもある。

フラットバーハンドルは、どうしても登坂時に握りづらいので、縦握り出来るセミドロップハンドルの方が良いような気がする。

近々、電動アシストクロスバイクを買う予定だけど、ドロップハンドルは少々抵抗あるけど、フラットバーハンドルは換えたいと考えている。そんな時に思い付いたのが昔のセミドロップハンドル。良いかも知れない。

|

« カタナティーザー、最終 | トップページ | スーパー実用自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セミドロップハンドル:

« カタナティーザー、最終 | トップページ | スーパー実用自転車 »