« 世界と戦う中小企業、、、、 | トップページ | 製造業検査部門での改竄、偽装の理由 »

2018年10月25日 (木)

多気筒

個人的に、、、、、大排気量ならVツインがベスト。その理屈で言えば、中小排気量ならシングルがベスト、、、となるのだが、、、、、感性がそれを許さない。

多くのライダーがそうであるように、感覚性能を求める部分がある。

中小排気量に求めるのは、、、、自分の場合、マルチエンジンである。

ツインが良い?マルチが良い?の境界の排気量は?といえば、250ccと400ccの間くらいかもしれない。

昔ならば、250~400ccならシングルの一択だったけど、今は違う。

今なら、400ccなら大排気量チョイスの延長線上の考え方でVツインだけど、最近は400ccで効率だとか、走りだとかを求めないので超高回転型の4気筒以上が良いなと思う事もある。同様に250ccだと昔ならシングル一択だけど、今なら、有り得ない高回転の咆吼が楽しめる4気筒が良いと思う。

更に言えば、、、、今なら125ccクラスはシングル一択だけど、最低でもツイン、出来れば、、、時計のような精密機械で4気筒が出来ないかな?とも思う。125ccで4気筒、50ccで2気筒、、、、そんな精密機械みたいなエンジンがあれば欲しい。

50cc2気筒8バルブDOHC、最高回転数25000rpmとか、、、、125cc4気筒16バルブDOHC、最高回転数30000rpmとか、、、、かなり欲しい。

ホンダのリトル4ストロークスポーツとしては、CB125JX、CB125T、CB50S、CB50JXと乗ってきたけど、どれも悪い印象は無い。125ccのツインというのは原付を卒業して初めて乗った単車、初代CB125Tだけど、悪い印象は無い。

|

« 世界と戦う中小企業、、、、 | トップページ | 製造業検査部門での改竄、偽装の理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多気筒:

« 世界と戦う中小企業、、、、 | トップページ | 製造業検査部門での改竄、偽装の理由 »