« トップギア | トップページ | ヒルクライム、終了、で? »

2018年11月13日 (火)

ハンドルバーの肉厚

自転車のハンドルバー、外径寸法は規格品故に、サイズは決まっているけど、バーの肉厚は結構違っている。

先日、DHバーのベースバーにエクステンションバーを作るのに、ハンドルバーを利用したけど、調達したハンドルバーを見ると、何れも肉厚は異なっている。

今回は、ネジ穴が必要だったので、肉厚パイプのハンドルバーを加工して使ったけど、そんなに種類が在る事自体にビックリである。

まぁ、スポーツサイクル用ハンドルが薄く、実用車向けが厚いのだけど、そういう違いというのは、フレームパイプくらいしか変えてないと思っていただけにビックリ。

自転車を趣味の対象として非常に長い間付き合ってきたけど、最近迄全く知らなかった。

|

« トップギア | トップページ | ヒルクライム、終了、で? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルバーの肉厚:

« トップギア | トップページ | ヒルクライム、終了、で? »