« ドライブレコーダーの役割 | トップページ | パニックブレーキ »

2018年12月 4日 (火)

4K8K

4K8K放送開始、、、でも、今のところ、興味ない。

部屋が今より広くなって、設置するテレビが60インチくらいを使うようになると欲しくなるかも知れないけど、それでも様子見で良いかな?的。

大画面テレビを今までと同じ視聴距離で見るなら、画素毎のブロックが気になるかも知れないけど、遠くから見ると画素単体が確認出来ない。

部屋が広くならず、視聴距離が変わらない限り、テレビのサイズは大きくても40インチもあれば十分。普通にみるなら32インチでも十分。

そうなると、、、画面画素数自体も然りだけど、高画素数自体が必要無い。

ということで、自分的には4K8Kは現時点では物欲対象にならない。

現時点で、映像コンテンツはHDどころか、SD解像度、つまり30万画素の昔仕様で十分満足している。プライベートで見る時の画面は15インチ以下、車だと7インチ程度、、、、となるとSD解像度で十分。データサイズ等を考えても全てを大きくすることにメリットを感じない。

4K8Kに行くのは、、、、テレビにチューナーが内蔵されて、対応のデッキが登場して、普及が広まって、価格がこなれて、、、、その後に型遅れ買い得品が登場してからで良い感じ。

事実、液晶テレビを投入したのも2012年以降で、それまでは大昔のプログレッシブスキャンのハイビジョンブラウン管だったけど、今考えればそれで正解だったと思う。液晶パネル自体、出始めと2010年以降の製品では随分と違う。4K8Kも出そろって競争で切磋琢磨して、安くなってから、、、、それで十分だ。

新しい規格、カテゴリーの製品、、、、登場しても性能が熟成されて完成度が高まるのに数年~十年程度要する。カーナビ、ドラレコも然り。DVD、BDも然りである。パソコンでもそうだ。新しい規格で新登場っていうのは、価格性能比的には今一だ。

買うなら、、、、2020年以降、オリンピック後辺りの方が良いような気がする。

|

« ドライブレコーダーの役割 | トップページ | パニックブレーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4K8K:

« ドライブレコーダーの役割 | トップページ | パニックブレーキ »