« Bike of the Year (BOTY)って必要? | トップページ | アクアの燃費 »

2018年12月23日 (日)

A90スープラ、、、

間もなく登場。
しかし、これ全グレードにスープラを名乗らせる、、、凄い違和感がある。

そもそも、スープラ、国内名称セリカXXの生い立ちっていうのは、、、、ロング・セリカだ。

セリカといえば、初代は2T-G、18R-Gといった4発DOHCエンジンを搭載したスポーティモデル。それに2.8Lの直6エンジンを搭載したグランドツーリングモデルが発端。

トヨタも認めるように、スープラ=直6なのである。

トップグレードが直6の3Lツインカムエンジン、これは理解できるけど、同じボディで直4エンジンがラインナップされて、それにスープラを名乗らせるのは微妙。

ダウンサイジングの今だから、、、なのかもしれないけど、それって、スープラ?って気がしないでもない。直4のモデルはセリカにしておけば良いのに、、、
ダウンサイジング時代とはいっても、スポーツカーくらいはネーミング由来の原則を守っても良い、、、そう思う。

ただ、トヨタのスポーティモデル、過去のレビン/トレノの再来が86、スープラの復活、、、と一見順調のようだけど、スバル製の86だったり、BMWの革違いのスープラだったり、、、どうも、トヨタのスポーツカーという印象は希薄。今の時代、難しいのかもしれないけど、自前のコンポーネントで自社生産、、、そうあって欲しいし、そうでなければ、良い車でもトヨタの車って感じが薄い。

スープラなら二代目セリカXXだったり、A80スープラの方がそれらしい。

|

« Bike of the Year (BOTY)って必要? | トップページ | アクアの燃費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A90スープラ、、、:

« Bike of the Year (BOTY)って必要? | トップページ | アクアの燃費 »